物静かなおっさん

大阪でちょっとした集まりがあり顔を出してみた。健康産業に関わる連中が集まって情報交換会のようなものを開いていたのだった。会合が合わると居酒屋に席を移して懇親会、これが目的で参加したのであるが同じような考えの方も多いのだろう、にぎやかでとても楽しい雰囲気であった。こいうった雰囲気はサラリーマン同士だとどうしても出すことは出来ない。毎日のストレスの発散の場になったり愚痴の言い合いが始まりお開きになる時にはかえって余計なストレスや後悔をため込んだりするものだから。

となりの席にいたのは僕とほぼ同世代の女性、60になるまで必死でお金をためたらあとは遊んで暮らしたい、とか言っていた。この方の文句を言うわけではないが美容美肌関連だからでしょうが、店員の兄さんの一人に目をつけ、料理を運んでくるたびにあれこれ質問を繰り返す。この店員さんの両腕には立派な体毛が生い茂っており、気にならないかとか脱毛経験についてしつこく質問を投げかけるのである。店員さんは30代の前半くらいだろう、みるからに若そうである、しかし対応は大人で愛想はいいとは言えないが、不快な顔も見せず料理を運ぶたびに「インタビュー」に答えている。

最初はまあまあと思ってはいたのだが、彼女の無神経さに僕は不快なものがこみ上げてきた。「もういい加減にしなよ」向かいに座っていた物静かなおっさんが、多分同じだったのだろう、ぼそっとたしなめた。その後始まったのは彼女による脱毛の講釈で、しかし聞いているとなかなか面白い。とくに男性脱毛について、男性や世の中の認識も変わってきた理由など、物静かなおっさんも要所々質問を始めたくらいである。

すると物静かなおっさんはさっきの店員さんが来ると「胸毛も生えているんでしょ」などと言い出す始末、おかしな酒になったが僕は悪い気はしなかった。ぼくはこの時「Oライン脱毛」なる用語を知った。Oライン脱毛、ご存知ですか、お世話になるのも悪くないのかもしれないな、そんなことを思ったりしました。(Oライン脱毛について知りたければこちらをどうぞ)