不眠を占い師に相談してみると

悩んでいたわけではありませんが一時期「睡眠」について書かれた本を、手あたりしだい読み漁ったことがあります。眠りに対する悩みといえば何といっても不眠症でしょうか、今や5人に一人がこの眠りについて何らかの問題や悩みえを抱えている、といわれています。

もちろん不眠だけではなく、いくら寝ても寝たりないといった過眠もあれば夢遊病や金縛りといったハードな例などもあり、その症状も複雑ですね。ぼくも若いころたまに襲われる不眠に本当に悩まされました、寝なければ~寝なければ、と思えば思うほど目は冴えわたります。

そしてこんな時は何をしてもムダですね、読書や音楽でもダメ。しかしおかげさまで毎晩眠ることが出来る今だったら、酒に頼るのではないかと思っています。晩酌は毎晩欠かしません、たまにそれを断ち切ろうとムダな努力を試みたところ、今度は眠れなくなってしまうのです。

結局、酒を飲むから眠れるのだ、といった認識というのか意識が潜在的に刷り込まれているのでしょう。だから飲めば眠れるのです、飲みが足りないのだから眠気もこないのだ、そんなところに落としどころを求めるのでしょう。

これはある不眠に悩む方から聞いた話なのですが、この方も重度の睡眠障害、不眠症で夜を恐れる毎日でした。そしてある夜気になっていた電話占いを利用してみたのだそうです。占い師さんに電話をかけなぜ眠れないのか、睡眠法はないのか聞いてみたそうです。

占い師さんに聞く様な問題ではないような気もしますがさすがにプロ、聞き上手で話させ上手、本人は言いたいことを言ったらというよりは聞いてもらいたいことを聞いてもらったので、モヤモヤを吐露できることができたととても満足げに話していました。

本人にとっては思わぬ理解者の出現にすっかり心理的な開放感を得たのでしょう、おかげで不眠も解消したらしいのです。当たるも八卦当たらぬも八卦、だけではなく占いにはこんな悩みを持った人間にも向き合ってくれるのですね。

北海道にお住まいなら札幌にはこんなにたくさんの占い屋さんもあります、ダメモトで訪ねてみるのも面白そうですね。不眠に限らず思わぬきっかけが得られるのかもしれませんよ。