占いという名のカウンセリング

浜松葵町のジーンズショップ「OSADA」が10月9日をもって閉店になるそうであり。磐田のOSADAも8月17日をもって閉店されたとのこと。葵町店では20年近く営業されたという、ぼくにはほとんど馴染みのないお店ではあったが閉店セールの張り紙を見るのは、業歴が長いほどさみしいものがある。アパレルに限らず郊外の大型店舗はどこも苦戦しているのはイオンなどに入ればよくわかる。先日も静岡の街を歩くと谷島屋さんにはシャッターが下ろされ「移転案内」が張り付けられていた、本屋さんがどんどん消えていくことはよく新聞などでも取り上げられ残念な思いを抱いているものの、そんな自分だってここ何年か本はネットを利用して買っているのである。

まあ便利なものが開発されるのは消費者のニーズがあるからであり、古いものは淘汰されていくことは自然な流れである。これからはAIの普及により、仕事そのものが奪われてしまうなどともいわれている。でもいくら時代が変わっても脈々と生き続けてきたものもある、しかも伝統芸能のように、一部の人間に限られ継承されてきたものばかりかというとそうでもない。例えば「占い」、OSADAの話が出たので浜松市を例に見るとどうだろう。試しにほかの街を調べてもそこそこの店がこんな時代の中で暖簾を掲げているのである、なぜだと思いますか。

本を読んでみると占いは「当たるも八卦、当たらぬも八卦」のことがあらわす当たり、ハズレといったものではなくカウンセリングの要素が強く、明日の天気を知りたいのではなく、人間関係の悩みやどう生きるべきなのか、などと言ったことを相談に訪れる方が多いとのことである。よく会社経営者も利用されるそうであるが、会社の方針を占いで決めるのか、などと勘ぐってしまいそうであるがそうではない。組織においては、トップになるほど周りから本音で助言されることはないのである。また悩みを打ち明けたくても愚痴をこぼしたくて、もむやみに側近に漏らすわけにもいかない。

人生経験豊富な占い師さんの言葉、忠告もバカにならないのあろう。占い師はカウンセラー、そう考えるとこんな世の中においては「繁盛」しているのかもしれませんね。

毛根を破壊させる話

ここ数日ぐずついた天気が続き青空を見ることがない。気温は下がるのではあるが過ごしやすいとも思えない。8月ももう中盤、秋は目の前と思うとやっぱりつまらない。とにかく1年などあっという間、来年こそは充実した夏を過ごしたいものである。夏といえば肌を露出させる機会も多くムダ毛を気にされてる方には何かと気を使われることでしょう、僕の若い友人もそうである。かれは思い切って6月に脱毛クリニックを訪れたそうである。しかし見た目は気にするほどでもなく、いやむしろ「薄い」くらいである。

最近のオシャレなのか美意識の変化なのか体毛の濃さをコンプレックスとされる方とは違い、ちょっとしたムダ毛を嫌う男が増えてきたそうである。もちろん世の中には「薄毛」に悩む方もいる、しかしこの場合頭髪に限られる。こうなると体毛は必要なのか、などとも思ってしまう。とくにヒゲなどなんであんなに生えるのが早いのであろう、こんなものいらんわい、といった声もわからないではない。

僕は体毛は薄く頭髪は極端に濃い、太く硬い剛毛が頭皮に密集している、だから伸ばしたところセットもできない。できればそり落としてしまいたい、薄毛で悩まれている方からみれば贅沢なのかもしれないがいらないのである。この際まず、「頭髪はいらない」といった流行なり文化が広がってはくれないだろうか。床屋や美容院は反対するのだろうが国民が2週間に1度は剃髪で利用できるような流れを作り、そこの付加価値を加え商売とすればそこそこ儲かるのでないだろうか。

さて脱毛クリニックの世話になりだした彼と先日飲んだのであるが、「痛くてかなわない」と言っていた。ネットで調べてみるとたいしたことはないようなことが書いてあったそうであるが現実はそうではないらしい。レーザーで毛根を破壊するのである。とりあえず両腕と両脇をサッパリさせるのにも1年はかかるらしい。僕はこのままでいいか、と思いながら聞いていた。

香港で7万円かけて占いを

占い好きの友達がいて香港まで出向いた男がいます、モノ好きもここまで行くと筋金入り、だからこういった男の言うことには有無を言わせぬ説得力があるものです。なんでもその占いは名前は忘れたが基本となるのは生まれた日時と時間。その数字をもとにそろばんであれこれ計算を始め答えが出るたびに両親や兄弟の干支をまず当てていくそうです。そしてすべて的中されたとか。その次に「あなたの人生で何が起きるのかこのノートに書いて送ります、書く内容は金額次第」、その額は3万円、5万円、7万円の3パターン。

どうやらさっきの干支で実力を見せておき、本題はこちらとなる流れのようですね。するとこの男も7万円を選んだそうです、松竹梅だったら竹を選ぶのはたあ文あなたも同じでではないでしょうか。鑑定室を後にすると酒も飲まない彼はとっとと帰宅、いや帰国の便についたわけです。それから約3週間後ノートが手元に届きました「201〇年、あなたには良いことも起きれば悪いこともあるでしょう」・・・・なんですかね、

これは。あとあとになってわかったことはこの先生の鑑定料は100万円コースもあるのだとか。彼は適当にあしらわれたのでしょうか、こういったところに話のコクがあって面白いのですが。おのれを磨いて2回、3回と顔出しをすれば先生の味方も変わるはずさ、と彼は「修行に励む」とかいってどこか遠くへ行ってしまったようです。さて、その占いなのですがここ日本では特にブームになったり話題になることはありません、でも人気がないわけでもありません。「定着」しているのです。

だいたどんな小さな町へ行っても一つや二つ占いの館は細々と営業されたりしているものです。さっきの話の占い好きは新宿の占いに本当に精通しておりました。たしかにたくさんありますね。占いといえば中国やヨーロッパの占星術といったイメージがありますが、東南アジアなどめずらしい国の占いが集まっていることがここの特徴である、と言っていました。相場は20分3000円くらいでしょうか、たまに鑑定してもらうのも悪くありませんよ。

ムダ毛

人間の皮膚には毛穴がありますがすべての毛穴から毛が均等に生えそろっているのではなく、一本一本成長度合いが異なり皮膚を覆っている体毛は全体毛の20%ほどであるそうです。人類が服を着るようになって何年がたったのか知りませんが退化してきたのでしょう。できればこの調子で頭髪もなくなってもらいたい、とは思いませんか。薄毛で悩まれる方からは怒られそうですがむしろ人類に頭髪が不要となり眉毛のように生えたところ一定の長さになれば成長が止まるなどすればみんな同じ頭になるのです。そうすればやれ散髪だの寝クセを整えるなどといったわずらわしさからも解放されるわけではないですか。

それならいっそのこと坊主頭にでもしてしまえばいいのでしょうがそんな勇気というよりまた伸ばそうと思った時が面倒で仕方ありません。先日温泉で数日過ごしたのですがこの時は体毛についてあれこれ考えさせられました。外人が何人かいたのですがそれは見事に覆われていました。本人たちは何ともないのでしょうが見ているほうは暑苦しくてたまりません。彼らと比較すればたしかに我々日本人は薄いほうですが、やっぱりいますね、背中からケツ全体が見るからに剛毛で覆われた方や髭剃り跡が不気味なほど青々とされている方、こうしてみると背中に毛が生えている方って結構多いのですね。

いまではこんな毛は「ムダ毛」の部類に追いやられ脱毛の対象になっているようです。脱毛といえばまだまだ男性ではなじみはないようですがここ数年急速に伸びているそうです。それも毛深いことを悩んでの脱毛ではなくお洒落でされる方がおおいとか。ひと昔前はワイルドさの象徴でもあった体毛が今や、特に女性からは「嫌悪感」を抱かれるものになってしまったようです。面倒くさい世の中になったものですね。これからますます暑くなり肌を露出させる機会も増えてきます、毛深い方が年々減ってくる様子を観察するのも面白いのかもしれません。

愛犬グッツ

ひまなので手元にあった愛犬グッツ通販カタログをしばらくながめて過ごしてみた。これからの季節にはクールマットや遮熱ウェアは必需品であるようだ。「超濃厚な天然ミネラルが地肌に浸透し、皮膚に詰まった汚れをしっかり洗浄します」などといったシャンプーもある。「死海」かた摂られた泥と塩パワーでスッキリさせてくれるそうですがどう思います。

「体臭スッキリ」系が目立ちますが僕には理解できません。犬を風呂に入れてどうするのでしょうか、彼らには彼らの生態というか本能や生活スタイルがあるわけです。今では犬小屋などあまりというかほとんど見ることがありません。犬は室内で飼育するものに変わってしまったようです。昔は犬のエサは残飯と決まっていたようですが今はどうでしょう、自然素材にこだわり最新の栄養学で健康をサポート!などと書かれた一見おいしそうな商品が並んでいます。

サプリメントもありますね、このサプリメントは人間様もよく利用しますが成分や効き目については疑問だらけなのだそうです。高い奴は一つ一万円ほどしますが原価など微々たるもの、大半は宣伝費です。見るからに怪しいサプリもたくさんありませんか、中国製になると原料に人の毛髪が使用されていたりするようです。一兆円産業のペット業界のこと、相手は文句をたれない犬猫をいいことにヘンなものを作ってはいませんかね。

まあそんなことはないのでしょうが。近所にイオンがありよく利用するのですがペットショップが中にあります。かわいそうになってしまうのであまりその前は歩かないようにしているのですがショーケースの中で見世物になっているワンちゃんは、たしかに愛くるしく癒しになることもわかるのですが何かおかしいと思います。あと20年もしたら犬の生態系も変ってしまう、というより人間様にとって都合の良い品種が改良され利用的なペットが並んでいるのかもしれません。

物静かなおっさん

大阪でちょっとした集まりがあり顔を出してみた。健康産業に関わる連中が集まって情報交換会のようなものを開いていたのだった。会合が合わると居酒屋に席を移して懇親会、これが目的で参加したのであるが同じような考えの方も多いのだろう、にぎやかでとても楽しい雰囲気であった。こいうった雰囲気はサラリーマン同士だとどうしても出すことは出来ない。毎日のストレスの発散の場になったり愚痴の言い合いが始まりお開きになる時にはかえって余計なストレスや後悔をため込んだりするものだから。

となりの席にいたのは僕とほぼ同世代の女性、60になるまで必死でお金をためたらあとは遊んで暮らしたい、とか言っていた。この方の文句を言うわけではないが美容美肌関連だからでしょうが、店員の兄さんの一人に目をつけ、料理を運んでくるたびにあれこれ質問を繰り返す。この店員さんの両腕には立派な体毛が生い茂っており、気にならないかとか脱毛経験についてしつこく質問を投げかけるのである。店員さんは30代の前半くらいだろう、みるからに若そうである、しかし対応は大人で愛想はいいとは言えないが、不快な顔も見せず料理を運ぶたびに「インタビュー」に答えている。

最初はまあまあと思ってはいたのだが、彼女の無神経さに僕は不快なものがこみ上げてきた。「もういい加減にしなよ」向かいに座っていた物静かなおっさんが、多分同じだったのだろう、ぼそっとたしなめた。その後始まったのは彼女による脱毛の講釈で、しかし聞いているとなかなか面白い。とくに男性脱毛について、男性や世の中の認識も変わってきた理由など、物静かなおっさんも要所々質問を始めたくらいである。

すると物静かなおっさんはさっきの店員さんが来ると「胸毛も生えているんでしょ」などと言い出す始末、おかしな酒になったが僕は悪い気はしなかった。ぼくはこの時「Oライン脱毛」なる用語を知った。Oライン脱毛、ご存知ですか、お世話になるのも悪くないのかもしれないな、そんなことを思ったりしました。(Oライン脱毛について知りたければこちらをどうぞ)

仲町台のパン屋さん

仲町台には以前勤務していた会社の支店があり、月のうち半分くらい通い続けた街である。そんな会社も退職して2年、駅前に退職間際お世話になっていた歯医者さんがあり、半年ごとに定期検診のご案内といったはがきが自宅に届く。もちろんもう診察で顔を出すことはないのだが、このはがきが届くたびにやっぱりこの街で過ごしたことを思い出す。もうかれこれ20年以上過ごしたわけで、いい意味でも悪い意味でも思い出はもう一生モノであろう。

そして先日新横浜で野暮用があり、その日の午後は暇になる予定であったので、久しぶりに訪ねてみるのも悪くないかと、足を延ばす予定であった。僕はパン好きなのでいろいろでもないがおいしそうなお店があるとつい入ってしまう。しかしパンは高い、一つ400円近くするようなやつを見ると、貧乏人根性が顔を出すようだ。仲町台には店名は忘れてしまったが、とてもおいしいお店がありよく利用させてもらった。

会社にはなんの未練もないのだが、こういった食べ物屋さんのことを思うと「また行ってみたい」と思い、無性に腹も減る。そのパン屋さんは駅前のとんかつ屋さんのさらに奥の通り、割と目立たないところにひっそりと構えていた。こういったうまいパンなら今でも5~6個は食べられると思うが3個くらいで我慢しコンビニでカップヌードルを追加で買い、会社の奥の倉庫の中にある椅子に座ってよく食べたものだった。

そしてそのパン屋さんに行ってみよう、と思ったのだった。しかしやっぱり出来立てのやつをかみしめたいところ、買っても食べる場所がないではないか。近所に公園やベンチもあるがなんとなく気が引ける。僕はうまいものは誰もいない場所で、ただガツガツ下品に食べたい、といった願望があるのでいろいろ考えたがあきらめることにした。結局当日の流れに身をまかせ気が向く様だったら仲町台も悪くないか、となったのだった。

ただパン屋さんの店名は何だったのだろうか。こういったお店は洒落た名前が多く、また横文字しかもロゴがデザインされているのでひと目見ただけではわかりづらい、というか僕は気にもしない。ただせっかくなのでネットで検索していると、仲町台在住の方の作成した占いサイトが目にとまった。やっぱり好きな人は詳しいものだ、とすっかり感心しながら眺めているとパン屋さんのことなどどうでもよくなってしまったようで、中華街で占いもわるくないな、などと思い始めていたのでした。

ペットのお葬式

ペットが死んだ、来てください。との連絡をもらい友人宅まで行ってみると「お葬式」のまっ最中でした。これには本当にたまげました。なんと頭を丸め綺麗に剃り上げられたお坊さんが、木魚をポンポン叩きながら低くそしてよく通る声で、読経しているではないですか。

お香の煙が漂いいやがうえにも厳かな雰囲気を醸し出します。たぶん今日はお通夜なのでしょうか。ぼくはただ彼を(面倒ですが)励ましてやってから、とっとと帰宅したかったのですがそんな雰囲気ではありません。「喪主」は彼なのでしょう、奥さんとかわいいお子さんも目を伏せています。

故人といえばいいのでしょうか、故犬なのかもしれませんが、お茶などいただきながらお話を聞くと、享年16歳であったとのこと。ぼくと喪主家族との付き合いよりも長いわけです。

ぼくはペットなど飼っていませんし飼いたくもありません。嫌いなのではなくこういったお別れも悲しすぎること、そしてやっぱり動物にとっての幸せは「人間のオモチャ」にされることではないのでは、といった思いがあるからです。

飼い猫に首輪などされた姿など見せられると、なんて残酷なことを、などと思ったものでした。しかし犬など人間に飼われるしか生きるすべはありません。ペットショップの狭いガラスケースに押し込められ、見世物になっている生きざまをみればネコの首輪よりもせつない思いがこみ上げてきます。

しかし犬やネコの寿命も今や15年、20年前にくらべ倍です。ここにあるのは飼い主のペットに対する愛情なのでしょう。ペットの生活環境は確実に変わりました。しかし長生きにはなったところ、それは老後が待っているといった現実は人間と変わりません。

彼らは家族の一員なんですね、だから、亡くなれば辛いのは当然なのでしょう。友人の落胆ぶりは普段が明るすぎる男でしたからなおさらです。ペットロス、気持ちはわかるような気がします。

しかしここで「もうペットは飼いたくない」と思ったらいけません。愛犬と過ごした人生まで否定することになりませんか。ペットの死から立ち直る方法はあります、ペットは幸せだった、幸せだったのですから。

不眠を占い師に相談してみると

悩んでいたわけではありませんが一時期「睡眠」について書かれた本を、手あたりしだい読み漁ったことがあります。眠りに対する悩みといえば何といっても不眠症でしょうか、今や5人に一人がこの眠りについて何らかの問題や悩みえを抱えている、といわれています。

もちろん不眠だけではなく、いくら寝ても寝たりないといった過眠もあれば夢遊病や金縛りといったハードな例などもあり、その症状も複雑ですね。ぼくも若いころたまに襲われる不眠に本当に悩まされました、寝なければ~寝なければ、と思えば思うほど目は冴えわたります。

そしてこんな時は何をしてもムダですね、読書や音楽でもダメ。しかしおかげさまで毎晩眠ることが出来る今だったら、酒に頼るのではないかと思っています。晩酌は毎晩欠かしません、たまにそれを断ち切ろうとムダな努力を試みたところ、今度は眠れなくなってしまうのです。

結局、酒を飲むから眠れるのだ、といった認識というのか意識が潜在的に刷り込まれているのでしょう。だから飲めば眠れるのです、飲みが足りないのだから眠気もこないのだ、そんなところに落としどころを求めるのでしょう。

これはある不眠に悩む方から聞いた話なのですが、この方も重度の睡眠障害、不眠症で夜を恐れる毎日でした。そしてある夜気になっていた電話占いを利用してみたのだそうです。占い師さんに電話をかけなぜ眠れないのか、睡眠法はないのか聞いてみたそうです。

占い師さんに聞く様な問題ではないような気もしますがさすがにプロ、聞き上手で話させ上手、本人は言いたいことを言ったらというよりは聞いてもらいたいことを聞いてもらったので、モヤモヤを吐露できることができたととても満足げに話していました。

本人にとっては思わぬ理解者の出現にすっかり心理的な開放感を得たのでしょう、おかげで不眠も解消したらしいのです。当たるも八卦当たらぬも八卦、だけではなく占いにはこんな悩みを持った人間にも向き合ってくれるのですね。

北海道にお住まいなら札幌にはこんなにたくさんの占い屋さんもあります、ダメモトで訪ねてみるのも面白そうですね。不眠に限らず思わぬきっかけが得られるのかもしれませんよ。

ポケットの中には300円

ぼんやりテレビを見ていたら「のあたりまえをつくる」といったCMが流れていました。英語3文字に略されたこの会社はあの印刷会社なのか、と今になって気が付いた僕は若かったころの思い出がよみがえってきました。

今はどうなのか知りませんがこの会社では毎日アルバイトを募集しておりました。その特徴は何といっても日払いだったこと、もちろん一日だけでも可。したがって金が底をつきもう限界かといったとき本当にお世話になった会社でした、僕が20歳前後、大学生の頃の話です。

しかし限界になる前にちょっとでも働かせてもらえば金欠でのたうち回らなくてもよさそうですね。それは僕自身わかってははいたのですが、なにせナマケモノであったこと、それからなんといってもこの仕事はきつ過ぎました。「できるだけ関わりたくない」といったものがあったのでしょう。

当時は日勤と夜勤の二交代、当然夜勤のほうが稼ぎはいいのですが、ぼくは徹夜が出来ないのでいつも日勤でした。勤務時間は確か朝の8時から夜の8時まで、お昼に1時間、あとは2~3時間おきだったか5分間の休憩がある以外ラインに立って、ひたすら単純作業の繰り返し、時間がたつのが長いこと長いこと。もううんざりしたものでした。

僕は市ヶ谷にある工場でよく働いていたのですが朝、駅から現場に向かう途中の坂道ではひとめ「夜勤明け」とわかるくたびれた顔をした連中とすれ違います。ゾロゾロのろのろ、まるでゾンビです、僕もほんとうに暗たんたる思いで歩いたものでした。

こんな日にはポケットの中には300円くらいしか入っていません、悲しいかな全財産です。昼飯で菓子パンとジュースを買ってしまえば帰りの電車代もありません。工場はそれは広大なものでいったい何人いるのか見当もつきません。

社員は作業着姿、アルバイトはよれよれのジーパン姿、すぐ見分けがつきます、世間話などさせてもらえる余裕もなく監視されているような気配のなか刷り上がったばかりの雑誌の放つ独特の臭気の中、ひたすら同じことを繰り返していたことを突然思い出したのでした。

印刷屋さんにはもちろん何のうらみもないし、悪いことをされたわけではありません。そして給料はたしか一日働いて4300円くらいだったでしょうか、それでも無一文の僕にとっては雄叫びをあげたいくらいのものでした。

いまでもバイトは募集されているのでしょうか、給料はどのくらいなのでしょう。もうアルバイトなど縁のない生活を送ってきたので、時給の相場もわかりませんが時給4200円といった商売がある事には驚きました、チャットレディ、まあネット上の接客業ですね(くわしくはこちらを)。

内容を見る限り簡単には稼げそうには思いません、どう思います。